あいさつ

私は、Kokoro Global Bridge の代表 河内健太郎と申します。
よろしくお願いします。
2001年にモンゴル人留学生との出会いが、切欠でモンゴルに興味を持つようになりました。
2004年始めてモンゴルを訪れ、日本では体験したことのなかった過酷な社会情勢に衝撃を受け、未熟な精神力を痛感し、モンゴルでの生活を決意しました。
当初は、モンゴル語が全く話せず、スーパーに行って食品を買うことすら怖がって居ました。次第にモンゴル語が話せるようになると行動範囲も広がり、モンゴル人の友達が出来るようになりました。今では年々モンゴルを好きになっています。

両親を尊敬し労わる、子供を信頼し愛しむ、両親の愛を素直に受け入れる子供、
街中の人々を見ても、高齢者のお年寄りを助け、幼い子供を皆で見守る環境が残っています。お金だけに執着していない人間社会がモンゴルにあります。

モンゴルを訪れる皆様に強くて愛のあるモンゴル人の心を伝え、
我国の勤勉で規則正しい社会環境から育ったメイドインジャパン魂を伝え
両国民の心と心の架け橋をサポートする為にKokoro Global Bridgeを設立しました。

より一層モンゴルを訪れる日本人が増え、日本とモンゴルの交流が盛んになり、
文化的・経済的に深いつながりになる事を望んでいます。

そして将来は、日本・モンゴル両国でモンゴルに居る日本人と言えば河内健太郎と名前が出る人間になれるよう日々学んで行く所存で御座います。